Tradeview(トレードビュー)は、「MT4」「MT5」「cTrader」「Currenex」と4つの取引プラットフォームを用意しており、各取引プラットフォームに合った専用口座を開設することでFX取引することができます。

各取引プラットフォームは、すべて無料のデモ口座も開設可能なので、実際に入金して取引する前に使用感などを確認することもできます。

この記事では、Tradeviewで利用できる「MT4」「MT5」「cTrader」「Currenex」の各インストール方法をWindowsパソコン画面にてご紹介しています。

MT4(MetaTrader4) / MT5(MetaTrader5)

MT4

MT4(MetaTrader4)は、世界で最も人気のある取引プラットフォームです。多言語対応、高機能のチャート分析ツールに加え、自動売買にも対応しており無料で利用することができます。

MT5(MetaTrader5)は、MT4の次世代版でMT4より軽く動作しますが、MT4とMT5は開発プログラムが異なり互換性がなく、カスタムインジケーターの種類も少ないため、現在もMT4の方が人気があります。

MT4/MT5のインストール方法

MT4とMT5は、開発プログラムが異なりますが、見た目がほぼ同じでインストール方法もほぼ同じでできます。

まずは、Tradeview公式サイトの取引プラットフォームダウンロード画面から「MetaTrader4」画像にマウスのカーソルを合わせ、ご希望のOSをクリックします。

MT4ダウンロード画面

Tradeview公式サイトの取引プラットフォームダウンロード画面

「tradeview4setup.exe」がダウンロードされるので、ダブルクリックして開きます。

パソコン環境によっては、セキュリティ対策ソフトの確認画面が表示されますが、問題ありませんので「はい」をクリックして起動させます。

MT4インストール画面

セットアップ画面が表示されます。「次へ」をクリックしていき先へ進みます。

MT4インストール画面

緑色のバーが100%になり完了ボタンがクリックできるようになったら、「完了」ボタンをクリックしてインストール完了です。

MT4インストール画面

MT4/MT4インストール後の流れ

インストールが完了したら、デスクトップやプログラム一覧からMT4アイコンをダブルクリックしてMT4を起動できます。

MT4起動

Tradeviewで口座開設したときに発行されたログイン情報を元にログインして取引を開始します。

MT4ログイン

Tradeviewの口座開設をしていない際は、下記のリンク先の記事を参考にしながら開設できます。

TradeviewのMT4版デモ口座開設方法

Tradeviewのリアル口座開設方法

cTrader(シートレーダー)

cTrader

cTrader(シートレーダー)は、NDD方式により透明性が高い取引と高い約定力を誇る取引プラットフォームです。動作が軽く約定スピードが高速で、自動売買や多言語にも対応しています。

TradeviewのcTraderは、50以上のLP(リクイディティプロパイダー)からの直接的なレート提供と独自のILC®システムにより、他のFX業者のcTraderよりも平均スプレッド0.2pipsと狭く、更に高い約定力と高速約定が可能です。

cTraderのインストール方法

Tradeview公式サイトの取引プラットフォームダウンロード画面から「cTrader」画像にマウスのカーソルを合わせ、ご希望のOSをクリックします。

cTraderダウンロード画面

Tradeview公式サイトの取引プラットフォームダウンロード画面

「ctrader-tradeviewmarkets-setup.exe」がダウンロードされるので、ダブルクリックして開きます。

cTraderインストール画面

アプリケーションのインストール確認画面で「インストール」ボタンをクリックします。

cTraderインストール画面

インストール中の画面が表示されます。

緑色のバーが100%に達すると自動的にcTraderが起動されます。以上でcTraderのインストール完了です。

cTraderインストール画面

cTraderインストール後の流れ

cTraderのインストールが完了すると自動的にcTraderが起動されますが、後からデスクトップやプログラム一覧からcTraderアイコンをダブルクリックしてcTraderを起動できます。

cTrader起動

初回起動時にログイン画面が表示されますが、「cTrader ID(cTID)」のログイン画面は一度閉じます。

cTrader起動

cTraderのログイン画面は、「cTID(cTrader ID)」と「Trading Account」の2種類があります。

「cTrader ID(cTID)」のログイン画面を閉じたあと、次に自動的に「Trading Account」ログイン画面が表示されるので、ログイン情報を入力し「Sign in with your Trading Account」をクリックします。

cTrader起動

まだcTraderへログインしていない状態の初回起動時のみログイン画面が表示されます。

英語表記になっていますが、あとから日本語表示に変更設定できます。

より詳しいcTraderへのログイン方法や口座開設方法は、下記のリンク先の記事からご覧いただけます。

cTraderをパソコンにインストールしてcTraderにログインする方法

Tradeviewのリアル口座開設方法

cTraderの使い方

Currenex(カリネックス)社のバイキング

カリネックス

Currenex(カリネックス)は、アメリカのCurrenex社が機関投資家などのプロ向けに開発した取引プラットフォームです。

インターバンク直結のシステムより、直接のスプレッドと多彩な注文方法、ハイスピードの高速処理が可能で世界中の機関投資家やファンドなどのプロが利用しています。

Tradeviewであればプロと同じ環境で取引したい個人でもCurrenexを利用することができます。

Currenexのインストール方法

Tradeview公式サイトの取引プラットフォームダウンロード画面から「Currenex」画像にマウスのカーソルを合わせ、ご希望のOSをクリックします。

Currenexダウンロード画面

Tradeview公式サイトの取引プラットフォームダウンロード画面

「Currenex_install.exe」がダウンロードされるので、ダブルクリックして開きます。

Currenexダウンロード画面

セットアップ画面が表示されるので、「次へ」ボタンをクリックして進んでいきます。

Currenexインストール画面

Currenexのバイキングですが、Tradeview用のバイキングのため、セットアップ画面は「Tradeview Markets セットアップ」と表示されています。

いくつかの画面で「次へ」ボタンをクリックして進むと、インストール完了画面が表示されますので完了ボタンをクリックしてCurrenexのインストールが完了です。

Currenexインストール画面

Currenexインストール後の流れ

デスクトップやプログラム一覧にCurrenexアイコンが表示されるので、ダブルクリックしてCurrenexを起動させます。

Currenex起動

初回起動時のみシステムのダウンロードを行うので少し時間がかかりますが、1分程待っているとログイン画面が表示されます。

TradeviewでCurrenex口座を開設したときに発行されたログイン情報を元にログインします。尚、「Language」で日本語に選択することができます。

Currenexログイン

Currenexは、Windowsパソコンのみ対応しています。MacやiPhone、Androidやタブレット端末は未対応です。

Tradeviewの口座開設をしていない際は、下記のリンク先の記事を参考にしながら開設できます。

Tradeviewのリアル口座開設方法

Currenexのデモ口座開設方法

Tradeviewの口座開設~取引するまでの流れ

以上、Tradeviewにおける各取引プラットフォームのインストール方法をご紹介しました。

次はいよいよ取引開始のステップです。各取引プラットフォームを使った売り買い注文の取引方法をご紹介しています。どれも簡単な操作で売買取引が可能です。

  1. Tradeviewのリアル口座開設完了

  2. Tradeviewへの入金完了

  3. 取引プラットフォームのインストール完了

  4. 取引開始次のステップ