移動平均線とは

移動平均線

移動平均線(Moving Average)とは、一定期間の終値の平均値をグラフにした線です。

日足チャートにおいて14日移動平均線であれば、過去14日毎の価格の平均値をチャートに重ねてグラフを表示します。移動平均線の期間数値は、自由に変更可能です。

移動平均線は、MA・EMA・SMMA・WMAと4種類ありますが、主にトレーダーに使われているのは、単純移動平均線(MA)と指数移動平均線(EMA)です。

移動平均線をチャートに表示することで、相場のトレンドや売買タイミングの判断ができるようになります。

関連記事 移動平均線を使った手法と使い方

MT4/MT5で移動平均線を表示する方法

MT4/MT5画面左側の「ナビゲーター」→「インディケータ」→「トレンド」→「Moving Average」を適用させたいチャートにドラッグ・アンド・ドロップします。

MT4/MT5移動平均線の表示方法

ドラッグ・アンド・ドロップ = マウスの左クリックを押しながら移動して対象の場所で左クリックを離すこと

Moving Average(移動平均線)の設定画面が表示されるので、「期間」「移動平均線の種別」「スタイル」の3箇所をご希望のものに変更して「OK」ボタンを押します。

MT4/MT5移動平均線の表示方法

移動平均線の種別

  • Simple: 単純移動平均線

  • Exponential: 指数平滑移動平均線

  • Smoothed: 平滑移動平均線

  • LinearWeighted: 加重移動平均線

以上の操作を繰り返すことで、複数の移動平均線を表示することもできます。

MT4/MT5移動平均線の表示方法

上記チャートは、EUR/JPYの1時間足チャートに「25EMA・75EMA・200EMA」の3つの指数平滑移動平均線(EMA)を表示しています。

スマートフォン版MT4/MT5アプリで移動平均線を表示する方法

スマートフォン用のMT4やMT5アプリへログイン後、チャート画面上の「f」アイコンをタッチ → インディケータ画面で「メインウィンドウ」をタッチします。

MT4/MT5アプリ移動平均線表示画面

インディケータ追加画面で「Moving Average」をタッチして、設定画面で「期間」「メソッド」「スタイル」の3箇所をご希望のものに変更して「完了」ボタンをタッチします。

以上の操作でスマートフォンMT4/MT5アプリでも移動平均線を表示できます。

cTraderで移動平均線を表示する方法

cTraderへログイン後、チャート画面上の「f」アイコンにマウスをあて、トレンド → 「Simple Moving Average」(単純移動平均線)をクリックします。

指数平滑移動平均線を表示したいときは、「Exponential Moving Average」を選択します。

cTrader移動平均線表示画面

以上の操作だけでcTraderへ移動平均線を表示完了です。

チャートからインジケーターを右クリックすると、インジケーター設定画面が表示されます。

スマートフォン用cTraderアプリで移動平均線を表示する方法

cTraderアプリへログイン後、ご希望の銘柄をタッチ → 「Overview」タブのチャート画面から拡大アイコンをタッチ → 画面下のチャートアイコンをタッチします。

cTrader移動平均線表示方法

「Simple Moving Average」をタッチして、表示された「Simple Moving Average」を再度タッチして設定画面を開きます。

cTrader移動平均線表示

「Periods(期間)」「ツールメニューの配色」の2箇所をご希望のものに変更すると移動平均線が表示されます。

cTrader移動平均線表示

cTraderアプリでも同じ操作を繰り返すことで、複数の移動平均線や他のインジケーターを重ねて表示することができます。

Currenexで移動平均線を表示する方法

チャートの上で右クリック → テクニカル分析 → トレンド → 「単純移動平均」または「指数関数移動平均」をクリックすることで移動平均線を表示できます。

Currenex移動平均線表示

期間や色の変更をする場合は、チャート左上のインジケーター名をクリック → 設定画面から「Length(期間)」と「Color」の2箇所を変更して「Done」ボタンをクリックします。

Currenex移動平均線設定

以上で完了です。

移動平均線の期間

移動平均線の期間は、特に決まりはなく自由に設定することができます。

一般的に多く利用されている数値は、日足チャートにおいては「5、15、20…」など5の倍数です。これは、5の期間が5日間の平均値で土曜日/日曜日の休場を抜かした1週間を意味するためです。

1時間足や15分足チャートであれば「4、8、12」など4の倍数です。15分足で期間4は、1時間の平均値を表すことになります。1時間足であれば4時間、8時間、12時間と区切りの良い数値の平均値を表すことになります。

3種類の期間の移動平均線を表示する

移動平均線は、1つだけではなく2つ又は3つ表示するのが主流です。

期間の異なる3種類の移動平均線を表示することで、短期・中期・長期のトレンドが判別しやすくなることと、移動平均線同士の交差の地点で売買の判断が可能になるためです。

移動平均線

  • 短期移動平均線: 5、8、12など

  • 中期移動平均線: 20、25、75など

  • 長期移動平均線: 100、200など

移動平均線の使い方、移動平均線を利用した取引方法については、下記リンク先の記事「移動平均線の使い方」でご紹介しています。

移動平均線の使い方