Tradeview口座比較

Tradeview(トレードビュー)の口座種類とオススメ口座の選び方を比較表と合わせてご紹介します。Tradeviewは、「xLeverage(スタンダード)口座」「ILC口座」「MT5口座」「cTrader口座」「Currenex(カリネックス)口座」の5種類の口座があり、それぞれ最大レバレッジや注文方式、取引手数料などが異なります。

結論から言うとTradeviewは「MT4 ILC口座」が一番オススメですが、各口座ごとにメリット/デメリットがあるので、それぞれの特徴も合わせてご説明していきます。

Tradeviewの各口座比較表

 X Leverage口座ILC口座
MT5口座cTrader口座Currenex口座
取引プラットフォームMT4MT4MT5cTraderCurrenex(バイキング)
iPhone/Android/タブレット端末対応Windowsのみ
注文方式STPECNECNECNSTP
口座通貨JPY / USD / EUR / GBP / AUD / CAD / CHF / MXN / ZAR
最大レバレッジ500倍200倍100倍200~400倍200~400倍
1ロット単位1 lot = 100,000通貨
最小取引単位0.01 lot
(1,000通貨)
0.1 lot
(10,000通貨)
0.1 lot
(10,000通貨)
0.01 lot
(1,000通貨)
0.1 lot
(10,000通貨)
最小スプレッド
(ドル/円)
1.8 pips~0.0 pips~0.0 pips~0.0 pips~0.1 pips~
平均スプレッド
(ドル/円)
2.0 pips0.2 pips0.2 pips0.2 pips0.6 pips
取引手数料(往復)無料$5 / 1 lot$5 / 1 lot$50 / $1 M$6 / 1 lot
トレードコスト
「最小スプレッド」+「取引手数料(往復)」
1.8 pips~0.5 pips~0.5 pips~0.5 pips~0.7 pips~
ロスカット水準100%
初回入金額$100$1,000
1万通貨に必要な証拠金$20~$50~$100~$25~$25~
口座維持手数料無料
入出金手数料無料
入金額以上の損失なし(追証なし)
複数口座開設対応
自動売買EA対応EA対応EA対応cAlgo/cMirror対応非対応
スキャルピング/両建てOK
信託保全~$35,000
通貨ペア数6060604141
貴金属銘柄数33322
CFD銘柄数484848非対応非対応
暗号通貨ペア数55555
X Leverage口座ILC口座MT5口座cTrader口座Currenex口座

Tradeviewの各口座は、入出金手数料・口座維持手数料が無料と共通項目もありますが、基本的には最大レバレッジやスプレッド、利用できる取引プラットフォームなどが異なります。

Tradeviewの新規リアル口座開設フォームの取引プラットフォーム欄にて、希望の口座を選択することで対象口座を開設することができます。

トレードビュー口座開設フォーム

MT4 X Leverage(スタンダード口座)

MT4 X Leverage口座

メタトレーダー4のX Leverage口座は、 Tradeviewのスタンダード口座です。最大レバレッジ500倍を利用でき、初回入金額も$100~と低額の資金で取引ができる口座です。

X Leverage口座のメリット

  • 最大レバレッジ500倍

  • 初回入金額$100~で取引可能

  • 0.01ロット(1,000通貨)単位により低額資金で取引可能

  • 取引手数料無料

  • 株式CFD取引が可能

  • 入金額以上の損失なし(追証なし)

X Leverage(スタンダード口座)は、最大レバレッジ500倍と他の口座より一番高いレバレッジで取引ができます。

初回入金額は$100(1万円)~で、0.01ロット(1,000通貨)単位取引ができるので、約数百円と低額の資金でもFX取引が可能になる口座です。

X Leverage口座のデメリット

  • 平均スプレッド2.0 pipsと広め

最大レバレッジ500倍により低額の資金でも取引が可能になりますが、その分他の口座に比べ、X Leverage口座は平均スプレッド2.0 pipsと広いのがデメリットです。

他の口座の平均スプレッドが0.2 pipsなので、X Leverage口座はかなり広いことが分かります。

総合的な取引コストが他の口座より高くなってしまうので、どうしても低額の資金(1万円前後)で取引したい方向けの口座です。

10万円以上の初期資金があり、0.1ロット(1万通貨)単位取引でも構わない場合は、ILC口座やcTrader口座の方がオススメです。

メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector(ILC)口座

ILC口座

Innovative Liquidity Connector(ILC)口座は、MT4で取引するECN口座です。

Innovative Liquidity Connector(イノベーティブ・リクイディティ・コネクター)とは、高速約定しつつマークアップなしの狭いスプレッドを提供するTradeview独自のシステムです。

ILC口座のメリット

  • 最大レバレッジ200倍

  • 業界最狭水準のインターバンクレート提供

  • 提供スプレッド最小0.0 pips~

  • 業界最安の片道$2.5の取引手数料

  • 株式CFD、暗号通貨CFD取引が可能

  • MAMシステムやFIX APIの無料提供

  • 入金額以上の損失なし(追証なし)

MT4 ILC口座は、最小スプレッド0.0 pips~、平均スプレッドも0.2 pipsと業界最狭のスプレッドが最大のメリットの口座です。

ECN方式の場合、スプレッドが低い分取引手数料が発生しますが、Tradeviewの取引手数料は片道$2.5と業界最安なのもメリットです。

これほど安いトレードコストを提供できる理由は、ECN方式により50以上の大手銀行(インターバンク)によるレート提供がされている為です。

ILC口座のデメリット

  • 初回入金額は$1,000~

  • 最小取引単位が0.1ロット(1万通貨)

最小スプレッド0.0 pips/片道$2.5の取引手数料により、総合的なトレードコストは0.5 pips~と格安で取引できるのが魅力的なILC口座ですが、初回最低入金額は$1000(10万円)と高いデメリットもあります。

また、最小0.1ロット(1万通貨)単位の取引となるので、1回の取引に必要な証拠金は最低でも約$50~となります。

Tradeviewの口座タイプに迷った際は、こちらの「メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector(ILC)口座」が一番オススメです。

MT4の使い方の情報もインターネット上に多く、分からないこともすぐに見つけることができ、総合的なコストも業界最安で取引が可能のためです。

もし、MT4にこだわらず0.01ロット単位で取引したい場合は、「cTrader口座」の方が良いでしょう。

MT5口座

MT5口座

MetaTrader4の次世代版、MetaTrader5(MT5)を利用できる口座です。

MT5口座のメリット

  • 業界最狭水準のインターバンクレート提供

  • 提供スプレッド最小0.0 pips~

  • 業界最安の片道$2.5 / 1Lotの取引手数料

  • 入金額以上の損失なし(追証なし)

MT5口座は、MT4 ILC口座とほぼ同じ仕様になっています。

ILC口座同様、狭いスプレッドと低い取引コストがメリットです。

MT5口座のデメリット

  • 最大レバレッジ100倍

  • 初回入金額は$1,000~

  • 最小取引単位が0.1ロット(1万通貨)

MT4 ILC口座のデメリットに加え、最大レバレッジが100倍とMT4 ILC口座よりも低くなってしまうのがデメリットです。

最大レバレッジが100倍の場合、1回の取引に必要な証拠金は最低でも$100になってしまうため、少ない必要証拠金で取引したい人には向かない口座です。

MT5口座は、どうしてもMT5で取引したい人向けの口座です。

MT4 ILC口座とほぼ変わりない仕様ですが、最大レバレッジが100倍になってしまうので、もしMT5にこだわらない場合は「MT4 ILC口座」の方がオススメです。

cTrader口座

cTrader

cTrader(シートレーダー)口座は、取引プラットフォームにcTraderを利用するECN方式の口座です。

cTraderは、MT4では見れない板情報をみることが可能で、タイムラグなしで高速約定する約定スピードもメリットです。

参考記事 cTraderの基本的な使い方

cTrader口座のメリット

  • 最大レバレッジ200~400倍

  • 最小0.0 pips~のcTrader業者最狭スプレッド

  • 板情報の閲覧可能

  • LP直結により高速の約定スピード

  • 日本時間や多くの国時間表示に対応

  • cAlgo(自動売買)やcTrader Copy(旧cMirror)(シグナル取引)に対応

  • SNSコミュニティへの登録や情報シェアが可能

  • 入金額以上の損失なし(追証なし)

cTrader口座は、最小0.0 pips~の狭いスプレッドと板情報の閲覧、高速の約定スピードが最大のメリットの口座です。

また、最大レバレッジ200~400倍、0.01ロット(1,000通貨)単位取引のため、約$25の証拠金だけで取引ができるのも魅力です。

cTrader口座のデメリット

  • 米ドル以外の通貨取引手数料が高くなるときがある

  • cAlgo(自動売買)やcTrader Copy(旧cMirror)(シグナル取引)が分かりづらい

  • 初回入金額は$1,000~

  • CFD銘柄取引は非対応

cTrader口座の取引手数料の計算は、往復1ロット(10万通貨)毎に5ドルの計算方法ではなく、1M(1ミリオン・ダラー)往復取引につき50ドルがかかります。

そのため、ドル以外のベース通貨を取引した場合、為替レートにより手数料はその都度変化するので、取引する通貨ペアによっては手数料が高くなってしまいます。

また、cTraderのcAlgo(自動売買)やcTrader Copy(旧cMirror)(シグナル取引)は、日本語で情報が少ないため、導入の難易度が高いのもデメリットの一つです。

取引プラットフォームでMT4にこだわらず、ドルベースの通貨ペア取引が中心の場合は、板情報確認可能で高速約定するcTraderの方がオススメです。

ただし、cTraderの使い方情報が日本語では少ないので、慣れるまで多少時間がかかります。

当サイトでは、cTraderの基本的な使い方も下記のリンク先の記事にてご紹介しています。

参考記事 cTraderの基本的な使い方

Currenex口座

currenex

Currenex(カリネックス)口座は、世界最高水準の取引プラットフォーム「Currenex」を利用するSTP方式の口座です。

Currenexとは、銀行やヘッジファンドなど機関投資家や大口トレーダーが利用するプロ向けの取引プラットフォームで、インターバンク直結の取引が可能になります。

Currenex口座のメリット

  • 最大レバレッジ200~400倍

  • 板情報の閲覧可能

  • LP直結により高速の約定スピード

  • 機関投資家などプロと同じ環境で取引できる

  • 入金額以上の損失なし(追証なし)

Currenex口座のデメリット

  • 最小スプレッド0.3 pips~とECN口座に比べ広め

  • 取引手数料が$6 / 1Lotと若干高め

  • 初回入金額は$1,000~

  • CFD銘柄取引は非対応

  • Currenexの使い方情報が非常に少ない

Currenex(カリネックス)口座は、機関投資家や大口トレーダーが利用するプロ向けの取引プラットフォームで、LP直結により高速約定が可能になる点が最大のメリットです。

ただし、取引手数料は他の口座に比べ$1高く、最小スプレッドも0.3 pips広いので、総合的なトレードコストが高くなる傾向があります。

また、Currenexはほとんどプロにしか使われず、使い方のマニュアルもインターネット上には少ないので難易度は高めといえます。

多少のトレードコストは気にせず、どうしてもプロと同じ環境で取引したい方向けの口座が、「Currenex口座」です。

Currenex口座を使いたい際は、Tradeviewの新規リアル口座開設フォームの取引プラットフォーム欄にて、「バイキング」を選択することで利用できます。

Tradeview各口座の比較とTradeviewオススメ口座の選び方まとめ

Tradeviewの口座タイプは、「xLeverage(スタンダード)口座」「ILC口座」「MT5口座」「cTrader口座」「Currenex(カリネックス)口座」と5種類の口座から自由に選択できますが、どのような人にどんな口座が向いているのか、下記の表でまとめました。

投資スタイル別のオススメ口座表

取引スタイルと希望オススメ口座タイプ口座の特徴
「少ない投資金で多くの通貨ペアやCFD取引をしたい」
「スキャルピング取引はしない」
メタトレーダー4 X Leverage(スタンダード)口座・最大レバレッジ 500倍
・初回最低入金額 $100
・最小取引単位 0.01 lot(1,000通貨)
・取引手数料無料
・平均スプレッド 2.0 pips
「トレードコストを安く抑えたい」
「スキャルピング取引もしたい」
「投資金は10万円以上用意できる」
メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector(ILC)口座・最大レバレッジ 200倍
・初回最低入金額 $1,000
・最小取引単位 0.1 lot(1万通貨)
・最小スプレッド 0.0 pips~
・往復取引手数料 $5 / 1 lot
「どうしてもMT5で取引したい理由がある」
「投資金は10万円以上用意できる」
MT5口座・最大レバレッジ 100倍
・初回最低入金額 $1,000
・最小取引単位 0.1 lot(1万通貨)
・最小スプレッド 0.0 pips~
・往復取引手数料 $5 / 1 lot
「トレードコストを安く抑えたい」
「約定スピードを早くしたい」
「板情報を閲覧したい」
「投資金は10万円以上用意できる」
cTRADER口座・最大レバレッジ 200~400倍
・初回最低入金額 $1,000
・最小取引単位 0.01 lot(1,000通貨)
・最小スプレッド 0.0 pips~
・往復取引手数料 $50 / $1 M
「多少トレードコストが多少高くてもいいからプロと同じ環境で取引したい」
「投資金は10万円以上用意できる」
Currenex口座・最大レバレッジ 200~400倍
・初回最低入金額 $1,000
・最小取引単位 0.1 lot(1万通貨)
・最小スプレッド 0.3 pips~
・往復取引手数料 $6 / 1 lot

一番のオススメ口座は、「MT4 ILC口座」と「cTrader口座」

Tradeviewの5種類の口座のうち、一番のオススメ口座は「MT4 ILC口座」と「cTrader口座」です。

「MT4 ILC口座」は、初回最低入金額が$1,000となりますが、総合的なトレードコストが0.5 pips~と他の口座や海外FX業者と比べても格安になります。

高速約定に対応しており板情報の閲覧をしたい際は、「cTrader口座」もオススメです。

Tradeviewは、追加口座開設(複数口座)にも対応しています。

例えば、最初に「MT4 ILC口座」で開設し入金したあとに、Tradeview追加口座開設フォームにて「cTrader口座」を追加で開設することが可能です。