RSIとは

RSI

RSI(Relative Strength Index)とは、相場全体の値動きのうち、現在の相場水準が買われすぎか売られすぎかを判断する指数を表したテクニカル指標です。

RSIは、1978年にアメリカのテクニカル・アナリストであるJ.W.ワイルダーが考案した指標です。

RSIの数値は、0%~100%の範囲で推移しており、70%以上は買われ過ぎ、30%以下は売られ過ぎの水準として判断します。

関連記事 RSIの使い方

MT4/MT5でRSIを表示する方法

画面左側の「ナビゲーター」→「インディケータ」→「オシレーター」→「Relative Strength Index」を適用させたいチャートにマウスの左クリックを押しながら移動してチャートの上で離します。(ドラッグドロップ)

MT4/MT5でRSI表示

設定画面では、パラメータータブから期間やスタイル(色)をお好みで変更します。

MT4/MT5でRSI表示

いつも自分が利用している移動平均線の期間に設定を合わせるのが良いですが、考案者は日足チャートにおいて14日を設定することを推奨しています。

尚、設定画面の「レベル表示」にて、30と70のラインに色を設定すると見やすくなります。(必須の設定ではありません)

RSI設定画面

以上の操作でMT4/MT5のチャートにRSIを表示できます。

RSI

RSIは、チャート下のサブウィンドウに表示されます。

スマートフォン版MT4/MT5アプリでRSIを表示する方法

スマホ版のMT4やMT5アプリでRSIを表示するには、まずはチャート画面上の「f」アイコンをタッチ後、インディケータ画面でメインウィンドウをタッチします。

RSI設定画面

インディケータ追加画面から、「Relative Strength Index」をタッチ → 必要に応じて期間やスタイルの変更をして完了ボタンをタッチします。

以上でRSIの表示完了です。

cTraderでRSIを表示する方法

RSIを表示したいチャート画面のツールバーから「f」アイコンにマウスのカーソルを合わせ、オシレーター → Relative Strength Indexをクリックして選択します。

cTraderでRSI表示

設定画面では、「Periods(期間)」や「レベル」欄の配色をお好みで変更して「OK」ボタンをクリックします。

RSI設定

cTrader RSI

以上で完了です。

RSIのグラフが見づらい場合は、設定画面から色を変更できます。

スマートフォン用cTraderアプリでRSIを表示する方法

cTraderアプリでご希望の銘柄をタッチ → 「Overview」タブのチャート画面から拡大アイコンをタッチ → 画面下のチャートアイコンをタッチします。

cTrader RSI

Edit Indicators画面のSelect an indicator to addをタッチして、Relative Strength Indexを選ぶことでチャートにRSIを表示できます。

cTrader RSI

期間やスタイルを変更したい場合は、Relative Strength Indexをタッチして設定画面から変更可能です。

CurrenexでRSIを表示する方法

チャートの上で右クリック → テクニカル分析 → オシレーター → 「相対力指数(RSI)」をクリックすることでRSIを表示できます。

CurrenexでRSI表示

期間や色を変更したい場合は、チャートのRSI枠の左上からRSIをクリックして、設定画面から変更可能です。

関連記事 RSIの使い方