• DD(ディーリングディスク)方式とは、トレーダーの注文がFX会社のディーラーを介在して取引される注文方式です。

  • NDD(ノーディーリングディスク)方式とは、トレーダーの注文がFX会社のディーラーを介在せずに直接LP(リクイディティプロパイダー)を通してインターバンク市場で取引される注文方式です。

この記事では、DD方式とNDD方式の違いと概要についてご紹介しています。

DD(ディーリングディスク)方式とは

DD(ディーリングディスク)方式は、トレーダー(顧客)からの注文は実際にはインターバンク市場で売買せず、FX業者自身が胴元となり直接顧客と取引する仕組みです。

DD方式は、OTC(Over The Counter)取引や相対取引(あいたいとりひき)ともいわれ、主に日本のFX業者が採用している注文方式です。

DD方式

  1. 顧客(トレーダー)がFX業者へ注文をする

  2. FX業者は胴元となり顧客の注文を呑む

  3. 顧客が大きな利益を出し始めるとFX業者は一部をカバー先に注文

  4. カバー先はインターバンク市場で取引

顧客の注文は、FX会社のディーラーを介在しますが、そのほとんどは自動化されています。

DD方式のFX会社の為替レートは、市場価格をそのまま反映しているとは限らず、FX会社独自の為替レートを自動提示していることがほとんどです。

DD方式は利益相反取引

利益相反行為とは、一方が利益になると同時に、もう一方は損失になる行為のことをいいます。

DD方式を採用したFX会社の場合、トレーダーの注文はFX会社と取引しているだけなので、顧客が損すれば損するほどFX業者が儲かる仕組みになっています。

逆に、顧客が儲かれば儲かるほどFX業者は損してしまうので、注文を出したのに約定されない「約定拒否」や本来の価格より不利なレートで約定される「リクオート」、「ストップ狩り」が時々発生するのが特徴です。

DD方式のFX業者によるストップ狩り例

FX業者には、顧客のストップロス注文も含め全ての注文が見えているので、意図的に一瞬為替レートを操作し、顧客のストップロス注文を約定させ損を出させることにより、FX業者の利益にする不正操作が可能になります。

しかし、FX業者独自の為替レートを提示しているため、意図的にストップ狩りが行われているかどうかは確認しようがなく、この話は噂レベルでしかありません。

DD方式のFX業者はスプレッドが狭い理由

為替レート

DD方式のFX業者は、顧客の注文を実際にはインターバンク市場へ通さず呑んでいることが大半なので、本来のスプレッドも発生せず取引コストはかからないため、NDD方式よりもスプレッドを狭く提供できます。

注文をLP(リクイディティプロバイダー)を通してインターバンク市場で取引するということは、「売値(BID)」「買値(ASK)」の差であるスプレッドがどうしても発生します。

しかし、インターバンク市場へ注文を通さないDD方式のFX会社は、この本来払うべきスプレッドも無いので、自由にスプレッドを決め極端に狭く提供することができるのです。

DD方式は、トレーダー(顧客)の注文がFX会社のディーラーを介在して取引され、為替レートも市場レートを元に独自の為替レートを提示しています。

そのため、実際にはどのくらいカバー先に注文が流れているのか、本当に注文を呑んでいるのか、意図的な約定拒否やストップ狩りが行われているのかを、顧客側は確認する術はありません。

NDD(ノーディーリングディスク)方式とは

NDD(ノーディーリングディスク)方式は、トレーダー(顧客)からの注文を直接インターバンク市場へ流し取引する仕組みです。

NDD方式

  1. 顧客(トレーダー)がFX業者へ注文をする

  2. FX業者は注文取次のみで顧客の注文はLPを通してインターバンク市場で流れる

NDD方式は、主に海外のFX会社が採用しています。

逆にいうとDD方式は、世界的にほぼ日本のみで、日本以外の世界ではNDD方式のFX業者が一般的です。

尚、NDD方式は、STP取引(Straight Through Processing)とECN取引(Electronic Communications Network「電子取引所取引」)の2種類の取引方法に分かれます。

STP取引(Straight Through Processing)

STP取引とは、Straight Through Processing(ストレート・スルー・プロセッシング)の略称で、トレーダーの注文はLP(リクイディティープロバイダー:金融機関やファンド等)に流れ、LPの中から一番有利な価格とマッチングされる自動的なシステムです。

STP取引

STPは、LPの中から一番有利な価格で約定する自動的なシステムですが、FX会社を経由するため0.1pips~1.0pips程スプレッドがマークアップ(上乗せ)され、その分取引手数料はかからないことが一般的です。

ECN取引(Electronic Communications Network)

ECN取引とは、Electronic Communications Network(エレクトニック・コミュニケーションズ・ネットワーク)の略称で、トレーダーの注文はインターネット上の電子取引所に流れ、電子取引所で注文を出し合った同士の売買を自動的に成立させるシステムです。

ECN取引

ECN取引を採用しているFX業者は、STP取引のようにスプレッドに上乗せ(マークアップ)せず、注文量毎の取引手数料により収益化しています。

DD方式、NDD方式の比較表

 DD方式STP(NDD方式)ECN(NDD方式)
採用FX業者日本国内FX業者海外FX業者海外FX業者
Tradeviewの場合無し・X Leverage口座
・Currenex口座
・ILC口座
・MT5口座
・cTrader口座
スプレッド狭い標準狭い
スワップポイント多い少ない多い
取引手数料無料無料または有料有料
約定力低い高い高い
約定拒否・リクオートあり無し概念無し
板情報なしなしあり

総合的に見ると、DD方式よりもNDD方式の方が約定力も高く取引の透明性も高いのでお勧めです。

NDDの中でもSTPよりECNの方がスプレッドが低く、取引手数料を考慮しても合計トータルコストは、ECNの方が低めの傾向があります。

スキャルピング取引を中心にトレードする場合は、ECN口座の方が良いでしょう。

Tradeviewにおける注文方式

項目 / 注文方式STPECNECNECNSTP
Tradeviewの口座タイプX Leverage口座ILC口座
MT5口座cTrader口座Currenex口座
平均スプレッド
(ドル/円)
2.0 pips0.2 pips0.2 pips0.2 pips0.6 pips
取引手数料(往復)無料$5 / 1 lot$5 / 1 lot$50 / $1 M$6 / 1 lot
トレードコスト
「最小スプレッド」+「取引手数料(往復)」
1.8 pips~0.5 pips~0.5 pips~0.5 pips~0.7 pips~
取引プラットフォームMT4MT4MT5cTraderCurrenex(バイキング)
最大レバレッジ500倍200倍100倍200~400倍200~400倍

海外FX業者のTradeviewにおいては、STP方式よりECN方式の口座の方がトレードコストはお得になっています。

中でもスプレッドが狭く、最大レバレッジ200倍~で取引可能、更に高速約定する「ILC口座」と「cTrader口座」がお勧めです。

より詳しいTradeviewの口座比較については、下記リンク先の記事「Tradeview各口座の比較とTradeviewオススメ口座の選び方」をご参考いただけます。

参考記事 Tradeview各口座の比較とTradeviewオススメ口座の選び方