MT4(MetaTrader4)は、高機能でありながら無料で使える世界で最も人気のあるFX取引プラットフォームです。

初めてMT4を使う人は一見難しそうに感じますが、各フレーム毎の役割や最低限の機能さえ覚えてしまえば操作は簡単です。

この記事では、MT4パソコン版画面の見方とMT4の基本的な使い方をパソコン画面にてご紹介しています。

MT4(MetaTrader4)画面の全体について

MT4画面

MT4の画面は大きく5つのフレームに分けると見やすくなります。

  1. メニュー

  2. 気配値表示

  3. ナビゲーター

  4. ターミナル

  5. チャート表示

「メニュー」「気配値表示」「ナビゲーター」「ターミナル」「チャート表示」のそれぞれの枠(フレーム)について、更に詳しくご紹介していきます。

(1) メニュー

MT4メニュー枠

MT4画面上に表示されている「ファイル~ヘルプ」までの文字と各種アイコンが並んでいる枠が「メニュー」フレームです。

デモ口座の申請や口座へのログイン、新規チャート表示、チャートの時間足変更などの操作が行えます。

メニュー枠で主に使う機能

デモ口座の申請

TradeviewでMT4デモ口座を開設するときは、MT4からデモ口座開設の申請をします。

MT4メニューの「ファイル」→「デモ口座の申請」→「新しいデモ口座」から必要事項を入力後、「Next」ボタンをクリックしてしばらくするとTradeviewデモ口座が開設されます。

MT4デモ口座申請

参考記事 TradeviewのMT4デモ口座を開設する方法

取引口座へログイン

新しい口座へログインする場合は、「ファイル」→「取引口座へログイン」からログイン情報を入力後、「ログイン」ボタンをクリックすると、対象口座へログインすることができます。

MT4ログイン

「ログインID」「パスワード」「サーバー」の3つを入力します。ログイン情報は、Tradeviewのデモ口座Tradeviewリアル口座開設時にメールにて届きます。

MT4ログイン画面

ログインIDやパスワードが間違っている場合は、エラー音とともにMT4画面右下のグラフが赤色になり、接続不可や無効などのエラー表示がされます。エラーになった場合は、ログイン情報を確認してから再度試してみましょう。

Tradeviewのデモ口座でログイン情報を忘れてしまった際は、ログイン情報の再発行はできないため、改めて新しいデモ口座を開設することになります。

新規チャート表示

新規チャートを表示したいときは、「新規チャートアイコン」をクリックしてご希望の通貨ペアをクリックします。または、「ファイル」→「新規チャート」でもチャートを表示することもできます。

MT4新規チャート

チャートの時間足変更

表示したチャートの時間足を変更するには、「M1~MN」までの枠からご希望の時間足をクリックします。M1は1分足、H1は1時間足、D1は日足を表しています。

MT4時間足

  • M1… 1分足
  • M5… 5分足
  • M15… 15分足
  • M30… 30分足
  • H1… 1時間足
  • H4… 4時間足
  • D1… 日足
  • W1… 週足
  • MN… 月足

水平ラインとトレンドラインの表示

横線アイコンは水平ライン、斜線アイコンはトレンドラインを引くことができます。

ラインを引きたいチャートを選択した後、横線・斜線アイコンをクリックして引きたい位置からドラッグ・アンド・ドロップするとラインを引くことができます。

MT4トレンドライン

(2) 気配値表示

MT4気配値表示

MT4の画面左上に表示されている枠が、気配値表示フレームです。

Tradeviewは、FXの通貨ペア以外にも仮想通貨や株式や商品のCFD銘柄が表示されています。

取引画面の表示

取引したい通貨ペアや銘柄をダブルクリックすると、取引画面を表示させることができます。

MT4気配値表示から注文画面

(3) ナビゲーター

MT4ナビゲーター

MT4の画面左下に表示されている枠が、ナビゲーターフレームです。

ナビゲーター枠では、既にログインしたことのある口座の切り替えやインジケーターの表示、EA(自動売買)の適用などが行なえます。

インジケーターの表示

「インディケータ」をダブルクリック → ご希望のインジケーター名を選択 → 表示させたいチャートへドラッグ・アンド・ドロップすることで、チャートにインジケーターを表示させることができます。

MT4インジケーター表示

参考記事 パソコン版MT4でインジケーターを表示する方法

(4) ターミナル

MT4ターミナル

MT4画面下に表示されている枠が、ターミナルフレームです。

ターミナル枠は、口座情報や口座履歴の確認、取引中のポジション一覧と注文の修正・決済などの操作ができます。

  • 残高: 口座残高(単に「証拠金」とも言う)
  • 有効証拠金: 残高に現在保有しているポジションの合計評価損益を加減した金額
  • 必要証拠金: 取引する際に最低限必要な証拠金
  • 余剰証拠金: 新規注文に利用可能な証拠金
  • 証拠金維持率: 必要証拠金に対する有効証拠金の残高の割合

決済方法

ターミナルの「取引」タブに表示されたポジション一覧から、決済したいポジションをダブルクリックして決済注文をするか、ポジション右側のバツ印をクリックすると即時成行決済されます。

MT4決済方法

参考記事 MT4で決済注文する方法

(5) チャート

MT4チャート

MT4の大部分を占めるのがチャート枠です。

普段取引する通貨ペアや銘柄のチャートに各種インジケーターを表示し、売買の判断をすることができます。

チャートは1つだけではなく、複数表示することができますが、多くのチャートを表示しても一つのチャートが小さくなり見づらくなるので、最大で4つくらいがちょうど良いでしょう。

以上のように、パソコン版MT4画面は大きく5つの枠に分けて見ると覚えやすくなります。

MT4は高機能取引ツールですが、全ての機能を覚える必要はなく、最低限「新規チャート表示」「インジケーター表示」「注文と決済」だけ覚えれば取引できます。